眼瞼下垂症ってなに?アイアクトに効果あるの?

眼瞼下垂症とは、目や皮膚の病気ではなく、

まぶたの皮膚が下がってしまい、

目が開きにくくなる状態のことです。

高齢になればなるほど眼瞼下垂になりやすいのは、

皮膚や筋肉の老化現象が影響しているからです。

>>眼瞼下垂に効果のあるアイアクトの詳細はコチラ

眼瞼下垂の種類と原因は?

眼瞼下垂は、加齢が大きな原因であるのは間違いないですが、

もっと細かく原因を分けると、対策方法が見つけやすいと思います。

種類を分けると

・先天性眼瞼下垂と

・後天性眼瞼下垂に

分けられます。

先天性は、もともとまぶたの筋肉や神経によって、

十分に目が開かない状態が常態化しています。
年齢が若いと、皮膚のハリがあり、

筋肉も衰えていないので、目が開きにくいと感じることはありません。

後天性は、ハードコンタクトレンズの着脱、

アレルギーなどで目を擦る、瞬きの回数が増える

ドライアイなど、生活習慣などが影響します。

眼瞼下垂チェック

自分の目を見て、眼瞼下垂だと自覚できるほどの状態は、

かなり進行しています。

そこまで自覚はないけれど、もしかして・・

と不安のある方は、セルフチェックしてみてください。

・常におでこにしわがある
・目を大きく開けるとおでこにしわが出る
・アイラインを描きにくくなった
・二重瞼が奥二重になった
・眠くないのに「眠いの?」と言われることがある
・視野が狭くなった

1つでも当てはまることがあれば、眼瞼下垂の可能性が高いです。

>>眼瞼下垂でまぶたの下がりに効果のあるアイアクトの詳細はコチラ

眼瞼下垂の対策や予防について

眼瞼下垂になりやすい傾向として、

仕事などで目を酷使している人ほどなりやすいことがわかっています。

原因は1つではないので、確実な予防法があるわけではないですが、

目を酷使して、疲労を蓄積させないように心がけることは、

予防対策のポイントになるはずです。

眼瞼下垂の手術について

眼瞼下垂がひどくなると、まぶたが視界を遮ってしまい、

日常生活に支障が出ることもあります。

そこまでひどくなると、外科手術をしなければ改善されません。
視界を遮るほどひどくなっていなくても、

見た目の印象を左右するので、美容目的で手術する人もいます。

眼瞼下垂の手術、失敗と失敗率

コンタクトレンズを使用する人が増加していることや、

高齢者の増加によって、眼瞼下垂の手術数が急増しています。
その結果、失敗率も上がってしまいました。
左右の目の大きさが違う、まぶたが引き上げられ過ぎて

不自然になるなど、失敗パターンも様々です。

眼瞼下垂の手術後と後遺症

眼瞼下垂手術の後遺症として、もとも多いのが痙攣です。
筋肉と神経が上手く使えなくなってしまうからです。

眼瞼下垂の手術費用※まぶたをあげる手術

眼瞼下垂の手術費用は、まぶたを吊り上げる手術で

片目だけで30万円~です。
吊り上げるものに人工物を使う場合と、

自分の筋組織を使う場合では費用に差があります。

眼瞼下垂をトレーニングで治す※目の開きを良くする方法

外科手術を受けるほどの状態ではないのなら、

まぶたの筋肉を鍛えるトレーニングをするだけで、

眼瞼下垂を改善できる可能性があります。

おでこを手で押さえて、目を閉じる、

目を開くの動きをゆっくり繰り返します。
さらに眼球を左右、上下に動かして眼輪筋という

目の周りの筋肉を刺激してください。

眼瞼下垂の手術後に不調で腫れがひかない

眼瞼下垂の手術後は、ダウンタイムとして

1ヶ月は観察する必要があります。
2週間経過しても、強い腫れは残ります。
1ヶ月以上経っても、腫れが引かない場合は、

何か不具合が起きているかも知れません。

>>眼瞼下垂で手術する前にアイアクトを試してみて!

タイトルとURLをコピーしました